スピーチの注意事項


スピーチの注意事項とは

結婚は、多くの人にとって一生に一度のことでり、緑あって、まったくの他人が末永く生活をともにすることを誓い合うわけですから、人生の中で、もっとも慶賀すべき祝いごとといえます。 

ですから、結婚する人を、まわりで祝福してあげるときには、「めでたい」「喜ばしい」「いつまでもお幸せに」という気持ちを込めて、ことばを選ぶことが肝心です。 

結婚に関するいろいろな事柄、見合いから、結納、婚約、挙式、披露宴などのすべてに、慣習的ないいまわしがありますので、それらを適宜応用して、さらに自分の個性を出せるようなことばを押入するのが理想的といえます。

しかし、要は、たとえどんなに論弁であったとしても、ほんとうに真心のこもったことばであるならば、それは必ず相手の胸を打つものです。

披露宴などでのスピーチは、その場の雰囲気を盛りあげために大切ですが、やはり、失礼のないように、次のようなことに気をつけて臨みたいものです。

@ 短く、簡潔に。
できれば三分以内で終わるように(媒酌人の場合は五分以内か長くて七分以内、
普通に読みあげますと、四百字詰原稿用紙一枚弱が一分前後)。

A 来賓、上司、同僚などは、前の人が述べた内容とは違うことを。

B ユーモアをまじえて、その場をくつろがせるように。

C 上品で、わかりやすく。

D 新郎、新婦の人柄を傷つけないように。

E 土地のしきたりに気を配ること。

F 忌みことばを避けること。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。