謝辞(新婦側)父

 ただ今ご紹介にあすがりました、新婦恭子の父、○○○○でございます。
 本日は皆様ご多用のところ足をお運びいただき、身にあまる光栄と心より感謝いたしております。
一人っ子で気の強い娘ではありますが、これからは索直な心と思いやりを大切にし、明るい家庭を築いていってほしいと願っております。
 二人は本日皆様方からいただきましたご祝辞や励ましのお言葉を胸に、力を合わせて頑張っていくことと存じます。
 今後ともどうが、今までと変わらぬご指導、ご鞭撻を賜りますよう心よりお願い申し上げます。
 また、ご媒酌いただきました○○様ご夫妻、スムーズな司会進行をしていただきました○○様、ご列席の皆様に両家を代表いたしまして、厚くお礼申し上げます。
 本日は誠にありがとうございました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。