謝辞(新郎側)父

 本日はご多忙の中、このように大勢の皆様にお越しいただき、誠にありがとうございます。新郎の父親として、また両家を代表致しましてひと言ご挨拶をさせていただきたいと存じます。
 この度は○○様ご夫妻のご媒酌により、○○○○、○○○○の結婚式をとどこおりなく挙げることができました。ここに厚くお礼申し上げます。
 さて、本日から二人は新しい夫婦としての人生をスタートさせるわけですが、二人とも社会人とは申せ、まだまだ若輩で、経験も足りません。
 何かと至らないことが多い二人とは思いますが、どうが、二人の若さに免じてご容赦いただき、よきご指導を賜りますよう、お願い申し上げます。
 本日は行き届かない点も多々あったとは思いますが、どうがお許しください。最後に皆様のご健康とご繁栄をお祈りして、挨拶とさせていただきます。
 ありがとうございました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。