乾杯の音頭(司会者のもとで行う場合)

司会 ではここで新郎新婦の前途を祝して乾杯を行いたいと存じ   ます。乾杯の音頭は、新郎、新婦の大学時代の恩師でいら   っしゃいます、○○○○先生にお願いいたしたく存じま。
   皆様、ご起立をお願いいたします。
 (ここで全員起立、グラスを持つ)

司会 それでは大谷先生よろしくお願いいたします。

先生 ただ今ご紹介にあずかりました○○でございます。
   はなはだ僭越ではございますが、ご指名を頂戴しましたの   で、乾杯の音頭をとらせていただきます。
   新郎新婦の夫永いお幸せと、ご両家並びにご臨席の皆様方   のご多幸とご繁栄をお祈りいたしまして、乾杯をいたした   いと存じます。ご唱和をお願いいたします。乾杯!

司会 どうもありがとうございました。どうぞご着席ください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。